2019年2月11日 古紙ジャーナル記事 1315号

【国内の古紙市況】
調達価格を下方修正
発注1~3割カット継続

 輸出市況の続落を受け、古紙が国内市場に還流している。国内メーカーは1月に引き続き発注量に絞るとともに価格調整に動いた。  2月の古紙調達価格の中心値は、段ボールが18~20円、新聞が23~25円、雑誌が15~17円(いずれも問屋店頭価格)。段ボールは前月より3~5円安、雑誌は3円前後安い。段ボールと雑誌は、基準価格(建値)レベルに戻った。ただ、相対取引が浸透し、基準価格そのものが形骸化。3月は...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2019年2月11日 古紙需給 » 1315号
2019年2月11日 古紙需給 » 1315号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top