2018年9月17日 古紙ジャーナル記事 1295号

【マレーシア】9月から税収制度がSSTに変更
日本の古布業者・ブローカーに影響

日本の国別古布輸出

 マレーシア政府は政権交代により、9月1日からSST(セールスサービスタックス)による税収制度の導入を開始した。以前まではGST(グッズアンドサービスタックス)による税収制度を採用していた。GSTは生産業者・卸売業者・店舗・消費者において、金銭の受け渡しが発生する度に税金を払うシステムであるのに対して、SSTは製造業者・生産御者が10%の税金を支払うことが義務付けられている。  この9月1日から...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top