2018年7月9日 オピニオン » 1286号

コラム「虎視」

コラム「虎視」

▼熱戦を繰り広げているロシアワールドカップ。2大会ぶりに決勝トーナメントに進出した日本代表は、準々決勝で優勝候補のベルギーに果敢に挑み、2点を先制したが惜しくも敗れ去った。過去の両国の対戦では、2002年に行われた日韓ワールドカップの初戦で対戦。一進一退の攻防の末、2ー2で引き分けている。

▼日韓ワールドカップが開催された2002年6月の本紙を振り返ると、第494号では「中国、米国の古紙に24%の報復関税」というトップ記事が目に付いた。米国が中国の鉄鋼製品にセーフガード(緊急輸入制限)を発動したことに対する報復措置だった。この影響によって米国古紙が急落し、日本品と欧州品の輸出価格が上昇すると伝える。その後、この報復関税は、WTOが米国のセーフガードを違反と認めなかったため、実現されなかった。

▼12年前から全く進歩がない。米国のトランプ大統領は今年6月、中国の輸入製品が国益を著しく損害しているとして、500億ドル分の中国製品に追加関税を課すと発表。中国側が報復関税を表明したところ、更に2000億ドル分に10%の追加関税を課す方針を発表した。一方的な押し付けではなく、スポーツの祭典と同様、ルールに沿った平和的な解決を望みたい。

新着記事

記事一覧 »
2018年7月16日 古紙需給 » 1287号
2018年7月16日 インタビュー » 1287号
2018年7月16日 古紙価格 » 1287号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top