2017年11月27日 古紙問屋 » 1256号

【再生パルプ】
日本初のDIP設備有する大和紙料の高槻事業所
機密書類や難処理古紙を使い、内外に需要を開拓

大和紙料の古紙パルプのサンプル

 今年、中国における古紙の輸入規制から、段原紙やパルプへの代替需要が高まった。日本から中国向けの段原紙の輸出は、今年9月までで前年より8.5倍の5万7000トンまで増加。パルプは年間輸出量が27万6000トンだが、そのうち古紙パルプの輸出はわずか860トンほど。古紙そのものでは輸入ライセンスの問題に引っかかるが、段原紙や再生パルプなどに加工した製品であれば、輸出の継続は可能となる。今回、日本のDI...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2019年3月25日 古紙需給 1321号
2019年3月25日 古紙需給 » 1321号
2019年3月25日 関連業界 » 1321号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top