【国内の段原紙値上げの行方は?!】
輸出価格が再び騰勢
3品ドル価が再び200㌦台へ

 古紙の輸出価格が再び上昇基調を強めている。国際指標である米国の段ボール古紙(OOC)の輸出価格(トンあたり)は5月下旬、270ドルを付けた。日本品は230ドルで推移し、米国品との価格差は40ドルまで開いた。近年、この差は5〜10ドル前後だったので、日本品の上昇期待が高まっている。円価(キロあたり)は、為替が110〜114円で小刻みに動く中、23円前後にある。  またMIXは中国の税関規制が日本...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top