【プラスチック ごみ対策】
プラごみ汚染に世界が関心、消費抑制も
紙製容器へ移行やリサイクル促進に商機

主要国のプラスチック消費量は?!

 中国の環境規制の強化で、輸入がほぼストップした廃プラ。毎年750万トン前後を輸入してきた市場が突然閉ざされた。代替国として東南アジアなどに殺到するが、需要規模は限られている。先進国ではあふれた廃プラの処理に腐心しているが、同時にプラスチックの使用そのものを減らす機運も高まっている。EUは2030年までに使い捨てプラの使用を禁止する方針を打ち出し、大手飲食チェーンがストローなどの配布停止を決めた。...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2018年10月15日 古紙価格 »  1299号
2018年10月15日 古紙需給 » 1299号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top