2017年3月6日 古紙需給 »  1220号

【日本の古紙輸出】
中国向けは再び70%台に上昇
品種はその他、港は近畿が増加

品種別古紙輸出割合品種別古紙輸出割合

 昨年の日本の古紙輸出の総括と、10年前の2007年との相違を見ていく。  2016年の古紙輸出量は413万8,080トンで4年連続の減少となった。品種別割合では、段ボール=43.4%、その他=23.7%、雑誌=21.5%、新聞=8.8%、上物=2.6%。2007年比増減は、その他が最も増加して49.5%増。次いで段ボールが8%増で、他は減少。雑誌が6.3%減、新聞が8.3%減、上物が24.7%...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top