2017年2月20日 古紙需給 » 1218号

韓国・台湾から古紙輸出が増加傾向
アジア諸国間の域内流通が活発化

各国の古紙自給率各国の古紙自給率

 日本から古紙の輸出量が減る一方で、アジアの域内流通量は増加傾向にある。もともと自国だけで古紙をほぼ自給できるのは、アジアの中で日本だけ。他のアジア諸国は不足分を輸入することで補っている。自給できるというのは、回収量が消費量を上回っているという意味である。ちなみに、自給率と利用率の違いを整理しておくと、自給率は、自国で回収した古紙で自ら消費する量をどのくらいまかなえるかという比率。日本の場合、3万...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top