2005年8月1日 古紙ジャーナル記事 650号

【日本製紙・岩沼工場】
DIP(脱墨古紙パルプ)能力、工場群(日本製紙)で最大
大王・三島と並び大量の雑誌を使用
今春から塗工紙にもDIPを配合

阿武隈川に臨む日本製紙・岩沼工場の全景 新聞用紙マシン3台と塗工紙マシン1台が稼働

減産の続く板紙生産工場に対して、洋紙工場はおおむねフル稼働体制にある。1997年秋から洋紙大手各社のDIP(脱墨古紙パルプ)設備ラッシュが続いたが、03年春を最後に収束する。新聞用紙や印刷・出版用紙への古紙配合増が狙いだった。収束していたDIP設備投資だが、岩沼工場で今年5月、HDIP設備が完成・稼働したのにともない、活発化する兆しが出てきた。 すでに増強を決定した大王製紙・三島工場に続いて...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top