2005年8月22日 古紙ジャーナル記事 652号

【アビヅ】
流札車(廃車)の大型リサイクル工場稼働
RPF設備、古紙のベーラーなども導入
中古車オークションとの組み合わせは初

名古屋港に臨む中古車オークション会場

名古屋港に面する中古車のオークション会場に隣接して建設された大型リサイクル工場(敷地面積は1万7,500坪)、㈱アビヅ(名古屋市港区昭和町14-24)を見学させてもらった。廃車、金属、プラスチックのリサイクル事業がアビヅの3本柱だが、工場内にはRPF(固形燃料)製造設備、古紙のベーラー(大型梱包機)、ペットボトルの破砕機なども導入されている。名古屋近郊の事業所で発生する紙ごみのうち、古紙として利用...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top