2006年9月4日 古紙ジャーナル記事 703号

【横浜市の古紙回収量】
前年度に比べて9万トンもの大幅増に
分別収集導入で集団回収量(4万トン増)も活性化

横浜市の集団回収量と回収団体推移

横浜市は昨年度、5年前倒しでG30プラン(平成22年度における全市のごみ排出量を13年度に対し30%削減するというプラン)を実現した。昨年度のごみ排出量は106万トンとなり、横浜市の人口(358万人)で割った1人当たりのごみ量は297キロである。これは名古屋市を下回り、16大都市(東京23区を含めた政令指定都市)でもっとも少ないごみ量となった(ちなみに16大都市の平均は457キロ)。 驚いた...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top