2006年10月30日 古紙ジャーナル記事 711号

【福岡市港湾局】
港湾業務の活性化に古紙輸出増量を
福岡市ペーパーリサイクル協組に協力要請

輸出量が増大したことによって、古紙の輸出は港の貿易業務の活性化にもつながっている。博多港では国際海上コンテナ貨物における輸出品目で、古紙は03年以来、タイヤなどのゴム製品に次いで2位。もっとも輸出コンテナのうち実入りコンテナが6割、残る4割が空コンテナ(輸入後の戻りの空箱)。実入り貨物のアンバランスを改善する貴重な輸出貨物として古紙が位置づけされるようになった。 こうした背景もあって福岡市港...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top