2006年11月6日 古紙ジャーナル記事 712号

【東京都中野区】
行政回収(分別収集)を停止し、集団回収に1本化
平成12年度からの2本立て回収に終止符
週1回実施が集団回収の活性化をもたらす

平成12年度(2000年度)以来、東京都23区(特別区)は家庭からの古紙回収を集団回収と行政回収(週1回の分別収集)の二本立てで進めてきたが、人口31万人の中野区は来年4月にも行政回収を全面停止し、集団回収に集約する。行政回収を停止した地域で、それまで月1回から2回だった集団回収の回数を週1回にすることで、集団回収が活性化し、回収量が増え続けているためだ。 中野区の場合、町会連合会から二本立...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top