2007年2月26日 古紙ジャーナル記事 727号

【東日本の主要都市(県庁所在地)の古紙回収量】
関東、中部の両地区が100キロ(1世帯当たり)上回る
前回調査に続きトップは長野市の172キロ
分別収集、未実施は6市(千葉市も実施)
集団回収量、前回より11万トン増

県庁所在地がある47主要都市の古紙回収量を調査中。今回は中部以東の東日本について。前回の平成14年度の調査に比べて1世帯当たりの古紙回収量は北海道・東北が4キロ、関東が8キロ、中部が2キロ増えていた。この間、行政回収(分別収集)を新たに始めたのは横浜市と福井市の2市で、東日本における分別収集の未実施は9市から7市に減った。 既実施の分別収集はおおむね横ばいか減少傾向にあり、増えているのはもっ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top