2009年1月5日 古紙ジャーナル記事 818号

【世界の古紙需給】
2007年に市場規模2億トンまで成長
輸出は7年間で倍増、5000万トンに

中国向けの輸出価格の暴落で、古紙が国際商品化したことを改めて認識させられるとともに、長期に渡り構築された日本の回収システムは価格の弾力性に乏しく、国際マーケットの揺さぶりに対してぜい弱であることも露呈した。 国内回収量の16%にあたる需給ギャップ分の輸出であったものの、昨年末に問屋では仕入れ価格や在庫調整に追われることに。国内建値は据え置かれ、内外格差は残ったままであるが、輸出価格が低迷する...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top