2003年10月1日 海外動向 

海外ニュース【中国・北京】

回収ボックスと秤だけの回収ステーション。回収人が常駐していて、住民から資源物を買い上げる

中国の製紙工場の現場では日本を上回る最新鋭の大型マシンが稼働するようになっていますが、家庭やオフィスからの古紙回収の機動力はまだ自転車や三輪車で、回収会社(タテバ)のヤードにも計量器以外の機械類(プレス機やフォークリフトなど)がなんにもないという、アンバランスなところがなんとも中国らしいところです。広東省や上海では古紙回収の現場を見学できなかったのですが、北京で初めて見学することができました。ただ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top