2009年8月10日 古紙ジャーナル記事 848号

【機密書類】年間60万トンほどが再生利用に回る
処理委託が一巡、小口等で回収余地も

機密書類の年間排気量は約130万トン(本紙推定)

企業等から発生する機密書類。一般のオフィス古紙と違って、情報漏えいを防ぎながら再生利用するため、処理費を徴収できる付加価値の高い原料となっている。機密書類の消費量は年間60万トンほどとみられ、機密処理サービスも多様化、充実してきた。潜在市場は年間約130万トンとされ、掘り起こしの余地は残るが、処理量の伸びはやや鈍化傾向にある。特に中小規模の事業所で機密処理の取り組みが立ち遅れているとみられ、小口回...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top