2011年1月31日 古紙ジャーナル記事 920号

【大本グループ】旭宝紙業・4ヵ所目のヤード、南大阪で攻勢
大阪ツルヤ・残紙と新聞販売店回収がメイン

日本古紙パルプの第1号ヤードは旭宝紙業・岸和田営業所

活発にヤード展開を進める大本紙料㈱(本社・神戸市、大本知昭代表取締役)。昨年だけで五ヵ所の新規ヤード(合弁や提携含む)がオープンし、今年も同様に新ヤードの開設が相次ぐ。今月には、大本紙料と上野紙料の合弁会社であるビッグアップの本社ヤードが兵庫県明石市にオープンする。 春ごろには兵庫県丹波市と奈良県内にも新規ヤードをオープンする計画で、全国の古紙問屋の中で最も積極的な投資だと言えるだろう。本紙...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2018年11月19日 古紙問屋 » 1304号
2018年11月19日 関連業界 1304号
2018年11月19日 古紙価格 » 1304号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top