2011年4月4日 古紙ジャーナル記事 929号

【エコネコル】受け入れヤードの台貫横に放射能探知機を設置
廃車や空コンテナから基準値以上の放射線検出

エコネコルの本社ヤードに設置されている放射能探知機

放射能汚染問題が多方面に影響を及ぼす中、鉄・非鉄をメインに扱い古紙の輸出も手掛ける㈱エコネコル(本社・静岡県富士宮市山宮3507番地の19、佐野富和代表取締役)を訪問し、放射能対策に関する話を伺った。同社は1万7,000坪の広大な敷地で金属リサイクル、廃プラスチックリサイクル、廃自動車リサイクルを三本柱とし、その他にもあらゆる廃棄物を手掛ける日本で最大規模のリサイクル業者である。 コンテナか...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top