【段原紙 需給ギャップ】
増設ラッシュ一転、成長にブレーキ
100万㌧超の需給ギャップ続く見通し

段ボール原紙市場の内需と伸び率の推移

 増設ラッシュが続く日本の段原紙市場。過去8年間、段原紙の内需の平均伸び率は0.5%増で推移し、比較的堅調な成長が期待されていた。ところが、新型コロナウィルスの影響で需要がマイナスに転じ、設備過剰や需給軟化が懸念され始めている。2019年の生産能力は1050万トン、生産量は966万トン。生産能力から生産量(国内出荷+輸出)を差し引いた需給ギャップは84万トン。稼働率は92%となった。今後の段原紙市...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top