2011年8月22日 古紙ジャーナル記事 947号

【製紙メーカー】洋紙設備の停止ラッシュ、大手2社で11機
静岡地区のDIP設備は日産940トン減

洋紙の停止設備の一覧

リーマン・ショックと東日本大震災の打撃を受け、洋紙設備の停止ラッシュが加速している。日本製紙グループは、洋紙事業の復興計画の中で大幅な洋紙マシンの稼動停止を明らかにした。洋紙生産能力の15%にあたる年産80万トンの削減で、これに伴いDIP(脱墨古紙パルプ)設備は富士工場と吉永工場の日産計620トンが停止する。 王子製紙の富士工場でも今年4月に日産320トンのDIP設備が停止しており、静岡地区...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top