2013年11月25日 古紙ジャーナル記事 1059号

【古紙の新用途を探る③】
セルロースファイバーが断熱材や外壁に
デコスが年産3,500tの新工場を稼働

新聞古紙を原料にしたセルロースファイバーが断熱材や外壁にも利用されている。年間生産量は1万2,000トンほどであるが、アベノミクス効果と消費税値上げ前の駆け込みによる住宅需要の伸びが追い風となっている。古紙由来の断熱材は断熱や防火性能も高く、米国では年間に約50万トンを生産し、最大のシェアを占めている。今回、7月に埼玉県飯能市で稼働を始めた㈱デコスのセルロースファイバーの製造工場を訪問し、断熱材利...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top