2013年7月8日 古紙ジャーナル記事 1040号

「紙はゴミじゃない!」出前講座を年100回程開く
リサイクルの必要性訴え、品質や掘り起しに貢献
   -㈱明和製紙原料 小六信和社長-

「紙はゴミじゃない!」と大合唱「紙はゴミじゃない!」と大合唱

 「紙はゴミじゃない!」を全国に広めたいーー。この理想を掲げ、同タイトルの出前講座を年間100回近く開く明和製紙原料(本社・岡山市)の小六信和代表取締役社長。コロッケ先生と自称し、リサイクルの仕組みや意義を一般市民に分かりやすく伝えている。「紙はゴミじゃない!」の合言葉を使って出前講座を行う仲間を全国でも増やしていきたいという。日本の古紙の品質は、排出段階の市民による分別に支えられているといっても...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top