古紙ジャーナル最新号

2017年2月20日1218号

【古紙輸出】
需給ギャップ縮小で四年連続の前年割れ
段原紙輸出は過去最多で原料不足に拍車も

古紙と段原紙の輸出推移

 古紙の輸出価格が高騰しているのを後目に、古紙の輸出量は減り続けている。昨年実績も四年連続の減少となった。一方で、段原紙の製品として輸出される量は、年々増加傾向にあるため、古紙需給の逼迫感に拍車がかかっている。稼働益や在 […]

[続きを読む]

コラム【虎視】1218号

コラム「虎視」

2017年2月20日 1218号


▼二〇一六年の古紙回収量は二千百十八万トンで、対前年比一・〇%減。量にして二十二万トンの減少となった。二〇一四年から三年連続の減少となっており、この三年間で約六十八万四千トン減ったことになる。古紙回収量がピークだった〇七 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【古紙業界におけるM&A】
今後、生き残りかけた再編・集約が加速か!?
JPによる福田三商の子会社化で

JPによる福田三商の事業統合のイメージ

2017年2月13日 1617号


 自主独立の経営に支えられた古紙業界では、ほとんど再編・集約が進んでこなかった。回収量や回収率が右肩上がりの時代が長く、共存共栄を享受できたことや、先祖代々築き上げたファミリー企業を他者に委ねることの抵抗感も強かったため […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1217号

コラム「虎視」

2017年2月13日 1217号


▼今から十七年前、二〇〇〇年頃に、商社・製紙系のM&Aや合弁ヤードが急激に増加した。当時は古紙価格が下落の一途を辿り、経営自体が苦境に立っていた古紙問屋も多かったことが、商社や製紙メーカーのM&Aを後押しする要因となった […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

コラム【虎視】1216号

コラム「虎視」

2017年2月6日 1216号


▼先月の二十七日夕、浅草ビューホテルで催されていた全原連の新年賀詞交換会の会場が、一瞬ざわつき始めた。興奮気味にスマホを操る者、電話片手に席を離れる者――。日本紙パルプ商事(JP)が名古屋の大手古紙問屋、福田三商を買収す […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【日本紙パルプ商事】
大手問屋・福田三商の買収(約三十七億円)を発表
古紙取扱量は年間百七十万㌧前後に増加

JPの製品・サービス別の売上推移

2017年2月6日 1216号


 日本紙パルプ商事(以下JP)は一月二十七日、大手古紙問屋の福田三商の買収を発表した。JPが割り当てる株式数と株価から推定すると、買収額は約三十七億円となり、これまでの古紙問屋におけるM&Aでは最大規模となる。株式交換に […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1215号

コラム「虎視」

2017年1月30日 1215号


▼最近、内外の製紙関連・古紙関連業界の挨拶で、ネット通販が好調という言葉をよく聞く。では実際どれくらい増えているのか、どれくらいの市場規模かを日中両国で調査し、三面に掲載した。 ▼中国のネット人口は七億五千万人と言われて […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【中国 古紙輸入】
品種はONP(新聞古紙)、主要国では日本が減少
三月と十二月に増加、二月と十月は減少

中国の月別輸入の平均指数

2017年1月30日 1215号


 二〇〇七年以降の中国の古紙輸入量を品種別、主要国別、月別に分析し、中国の古紙需給の現状や以前との変化を探る。最初に製紙・古紙の〇七年と一五年の対比、次いで月ごとの輸入量の変化や傾向について報告する。品種別ではONP(新 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム【虎視】1214号

コラム「虎視」

2017年1月23日 1214号


▼今年の世界のGDP成長率は三・七%増と三年ぶりの上昇を見込む。GDPに比例する段ボール需要も着実に伸びるとみられる。地域別の板紙需要予測(みずほ銀行産業調査レポート)によると、二〇一六年(見込)と二〇一七年(予測)の対 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

1 / 12812345...102030...最後 »

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top