2018年6月11日 古紙問屋 » 1282号

【下田商店】
高い古紙品質、市民・行政・ヤードの連携で
ヤード配置や設備に工夫施し、生産性も向上

下田商店の本社ヤード外観。手前の計量台貫の横にバーコードによる計量システムが備えられている

 ㈱下田商店(本社:東京都日野市万願寺2―35―6、土方道明代表取締役)を訪問した。同市で唯一の古紙ヤードだが、日野市資源リサイクル事業協同組合の設立以来、資源化の取り組みを推進してきた。また高い品質の古紙を供給する仕組みを定着させ、製紙メーカーや商社からの評価も高い。独自のヤード配置や機械設備の工夫も注目に値する。最近では、多摩市の原商店を傘下に入れ、多摩エリアでの事業基盤を固めた。 昨年...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2018年8月6日 古紙問屋 » 1290号
2018年8月6日 古紙問屋 » 1290号
2018年8月6日 古紙需給 » 1290号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top