2015年10月12日 古紙価格 » 1151号

【新聞古紙】
新聞発行部数の激減で、逼迫感続く
スポットで20円台半ばの高値も

地域別にみた新聞古紙の回収量と消費量

 新聞古紙の発生の落ち込みから、国内価格の騰勢が続いている。輸出価格の上下との連動は薄れ、むしろ需給逼迫の長期化から、国内製紙メーカーは必要量の手当てに苦戦。プレミアム(上乗せ)価格を中心とした高値取引が続いている。都市部の玉を巡っては、二十円台半ばの高値も飛び出した。毎年、新聞古紙の回収は二%近く減っており、このタイトな需給環境は当面続きそうだ。一方、自治体などの回収では新聞の比率が下がったこと...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2019年2月11日 古紙需給 » 1315号
2019年2月11日 古紙需給 » 1315号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top