2019年9月2日 古紙需給 海外動向 » 1342号

【台湾の再生パルプ】
正隆紙業など各社が再生パルプ生産に着手
安価な米国古紙使い、稼働益確保を前提に

中国の再生パルプの輸入量推移と輸入先シェア

 今年7月、再生パルプの取材のために台湾を訪れた。台湾は中国の再生パルプの最大の輸入先となっており、製紙メーカー各社が再生パルプの生産に乗り出している。一方、日本では中国向けの古紙輸出減で余剰問題が長期化してきそうな気配がある。業界関係者の間では、梱包材として海外から流入する160万トンほどの段ボール古紙がダブつくとみる。既に日本でも複数の商社が再生パルプの生産を検討しているといい、日本においても...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top