2018年10月22日 海外動向 »  1300号

廃棄物由来の固形燃料でバイオマス発電へ
【韓国の固形燃料・再生エネルギー事情 その2】

ウォンジュ・グリーン社のSRF施設

 日本RPF工業会が主催する韓国の視察旅行の続編。訪れたのは固形燃料であるSRF製造施設と、これを主燃料に使うバイオマス発電施設。固形燃料は廃プラや古紙よりも一般廃棄物を原料にしており、バイオマス発電所の運営も電力会社が行うなど、公共性を帯びたプロジェクトだ。こうした発電スキームの水平展開や民間のバイオマス発電参入には課題も多いが、韓国の再生可能エネルギーの普及は端緒に就いたばかりだ。  ウ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top