【段ボール 古紙・原紙】
国内原紙・輸出原紙枠の二重価格広がる
高強度ライナー開発などで海外市場開拓へ

日本・中国の段原紙の輸出入量推移

 今年は段ボール原紙の輸出が大幅に増えるのではないか。転抄マシンの稼働が予定されている中、国内の段原紙需要の伸びは1%程度に留まり、古紙も需給軟化から手当てしやすい環境にある。各社とも原紙輸出の拡大を模索しており、現地マーケティングから高強度ライナーを海外向けに投入するメーカーもある。段ボール古紙は国内向け原紙枠と輸出向け原紙枠の二重価格で調達する方式も広がっている。 段原紙輸出が回復基調 ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

Top