2019年7月8日 古紙需給 » 1335号

【国内の古紙需給】
段原紙生産の好調続く
古紙の発注カットの背景は?

 国内メーカーは調達価格を維持しながらも発注量を抑制する動きが目立つ。問屋筋によると2、3割の発注カットが続き、大きいところでは5割カットというケースもあるようだ。だが国内の段原紙生産が3割も落ち込んでいるわけではない。むしろ好調で今年1―5月の段原紙の生産は対前年比で1.7%増だった。全段連による今年の段ボール需要予測でも1.3%増を見込む。リーマンショック後の古紙暴落時と大きく異なるのはこの点...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top