2016年10月3日 古紙ジャーナル記事 1199号

【佐久間】
地域密着の総合リサイクル企業として四十年
集大成となる大型ヤードを千葉新港にオープン

新千葉リサイクルセンターの外観 (ドローンによる撮影)

 ㈱佐久間(佐久間仁宣代表取締役社長、本社:千葉市稲毛区長沼原町七一六―二)が創立四十周年事業として、千葉市美浜区に五千七百平米の新ヤードを開設した。新千葉リサイクルセンターの名称で九月末から稼働を始め、一般古紙と行政受託のPETボトルを受け入れる。独自性ある資源化ビジネスに加え、徹底したコンプライアンス対応と健全な財務体質を強みに、創業者の佐久間浩会長は一代で千葉県下に十ヤード、従業員百六十名も...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top