2016年9月26日 古紙ジャーナル記事 1198号

【台湾の製紙–後編–】
榮成紙業の二林工場で生産能力が倍増
QRコード用いた独自の古紙品質管理

QRコードを使った品質管理

 日本では段原紙生産から段ボール加工まで手掛ける一貫メーカーが競争力を高めているが、台湾でもこうした一貫化が進む。榮成紙業は原料から製品までの一貫生産体制を築いてきたが、二林工場では段原紙の生産能力を倍増させており、中国本土の湖北省にも新規の段原紙工場を建設中である。古紙消費量を大幅に増やす中、自社系列のヤード展開を積極的に進め、古紙の品質管理もQRコードのラベルを貼った独自の手法を取っている。 ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top