2016年9月19日 古紙ジャーナル記事 1197号

【台湾の製紙–前編–】
正隆の后里工場で洋紙→中芯マシンに転抄
日本品を月間一万㌧強使い、在庫も増強

台湾の古紙消費の内訳

 今年、電機大手のシャープが鴻海精密工業に買収されたように、台湾企業がグローバル競争の中で存在感を示している。自国の市場が小さい分、台湾企業は常に海外市場に向き合ってきた。これまで中国本土にも積極投資してきたが、ここ数年は製造業の台湾回帰が進む。製紙でも大手三社による計五台(段原紙三台、家庭紙二台)のマシンが昨年から相次ぎ稼働した。段原紙として生産量の約三分の一が輸出に回るため、原料は不足感が強ま...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top