2008年4月28日 古紙ジャーナル記事 785号

【CO2削減】
古紙の収集・運搬時の排出権取引始まる
山本資源が資源リサイクル業界で初の導入

「環境」を最大のテーマにして7月に開催される北海道・洞爺湖サミットを目前に、古紙リサイクル業界でも新たな温暖化防止策が動き出した。山本資源㈱(静岡県袋井市新池845-14・山本剛男代表取締役社長)は3月、業界で初めて二酸化炭素(CO2)の排出枠として約230トンを購入し、古紙の収集・運搬時に排出されるCO2を相殺する。 顧客企業などがCO2を排出せずに古紙リサイクルに取り組めるとした回収サー...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top