2008年9月1日 古紙ジャーナル記事 801号

【IHI知多・E&M】
新たに木くずと繊維くずの処理品目を追加
原料不足の影響で稼働率は60%~67%

IHI愛知事業所内にある、IHI知多・E&MのRPF製造工場の外観

関商店グループのRPF製造施設である㈱IHI知多・E&M(愛知県知多市北浜町11番)を見学した。本紙では最近のRPFを取り巻く状況を何回か取り上げているが、同社でも他のRPF製造工場と同じように稼働率は7割に満たなかった。 廃プラや古紙などの原料不足が主な要因だが、同社でも原料不足を解消しようと代替原料の模索を続けている。原料が足りない、原料価格の高騰、製品価格は上がらないという逆風続きのR...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top