【古紙パルプ】
日本では外販少なく、新規投資にも慎重な構え
中国勢の東南アジアでの投資、マシン移設も視野

常裕パルプ工業の再生パルプ

 中国の古紙輸入規制による原料不足から、古紙パルプの需要が高まっているものの、日本の事業者は新規投資には慎重で、様子見の姿勢が強い。中国の規制の行方や輸送コストなど課題が多く、事業性の見極めが難しいからだ。一方で中国の製紙メーカーは東南アジアに積極的に進出し、古紙パルプのプロジェクトを次々発表している。段原紙工場を立ち上げるのではなく、あえて再生パルプ設備に留めているのは理由があった。短期的には中...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top