2013年10月14日 古紙ジャーナル記事 1053号

【紙おむつのリサイクル】
トータルケアシステムが国内初の処理工場
紙おむつから再生パルプの分離技術を確立

国内唯一の紙おむつリサイクル工場

日本で初めて紙おむつのリサイクルを実現したトータルケア・システム(本社・福岡市博多区博多駅東3-9-26、長武志代表取締役)を訪問した。紙おむつは年間159億枚が生産され、高齢化の影響で大人用の消費が伸びている。通常、使い捨ての紙おむつは焼却処分されているが、同社はパルプやプラスチックなどを分離回収する技術を確立し、1日20トンの処理まで可能とした。将来的には再生パルプから紙おむつを生産する「紙お...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top