2006年2月27日 古紙ジャーナル記事 678号

【福田三商・春日井営業所】
自動紐取り機(拓己技研製)の大幅改良型を導入
巻き取り率、従来の30%から70%に
性能アップで豊橋・甲府に次ぐ3台目

福田三商の春日井営業所に導入された改良型の自動紐取り機

自動紐取り機が開発されたのが1995年。新聞や雑誌類を結束したビニール紐はそれまで①回収業者が古紙をトラックでヤード(回収基地)に持ち込むが、その時に切る②ヤードのスタッフが切る。いずれも手作業だった。 結束されたままの新聞の束をホッパーに投入するだけで、束が解け、紐が取り除かれた状態でベルトコンベアから出てくる自動紐取り機は、こうした手作業を省力化するのが狙いだった。しかし、紐の取り残しが...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top