2013年8月31日 古紙ジャーナル記事 1046号

【大阪市】初の全域入札を実施、平均単価13円
モデル収集は予定量の4分の1と低調

10月から全市域でスタートする大阪市の行政回収で、競争入札が行われた。古紙5品種と古布を集め、入札期間は来年3月末までの6カ月間。古紙は合計約1万4,000トンを見込み、平均単価はキロ12.5円だった。古布は約4,109トンを見込み、平均単価はキロ17.2円だが、26円の高値も付けた。年間4万1,000トンの古紙掘り起しが期待されるが、モデル収集では予定量の4分の1ほどと低調。分別収集の定着に手間...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top