【サイダーン】
機密書類の出張細断車をKYB(油圧機器メーカー)が開発
内蔵ドラムと開閉式テールゲートで自働排出

2008年3月24日 780号


去る2月29日、油圧機器の大手メーカーであるKYB株式会社(東京都港区)が開発した機密書類の出張細断車である「サイダーン」の第1号車が、日本資源流通株式会社(福岡県北九州市)に納車された。ミキサー車の技術を取り入れた内蔵 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 779号

コラム「虎視」

2008年3月17日 779号


▼日本の古紙卸売業は群雄割拠。圧倒的なシェアを持つ業者はなく、トップ企業の扱い量は100万トン足らず。昨年の回収量が2,300万トンだったので、トップでもシェアは4%ということになる。雌雄を争っているのは愛知の宮崎と兵庫 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【神奈川県の古紙回収】
19都市で45万トン回収、大都市ほど集団回収に比重
1世帯あたり124キロ、雑がみ回収も13市に拡がる

2008年3月17日 779号


全国の自治体を対象とした集団回収と分別収集の調査で、神奈川県のデータがまとまった。神奈川県は東京都に次ぎ2番目に人口が多く、19市で人口は843万人、世帯数は365万世帯を数える。この19市で平成18年度、約45万トンの […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 778号

コラム「虎視」

2008年3月10日 778号


▼韓国のごみ(日本でいう一廃)量は04年時点で1人1日当たり1,030グラム。94年に比べて300グラムも減ったという。現在は1,000グラムを下回っているのでないかと推定される。一方、日本のごみ量は環境省によると05年 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【韓国】
生ごみもリサイクル、家庭ごみが大幅に減少
集合住宅の資源ごみ(古紙など)、業者が週1回収集

2008年3月10日 778号


韓国の古紙回収率が80%台に乗ったのは2003年から。06年には86.2%にも達している。(ちなみに07年の日本の古紙回収率は73.6%)。驚異的な回収率を誇る韓国の古紙事情を視察するため4月にもソウルに出かける予定。 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 777号

コラム「虎視」

2008年3月3日 777号


▼古布は古紙や鉄屑と同様にリサイクルの歴史は古いが、回収率はいまだ2割程度にとどまり、大変に低い。これは繊維産業が古布を原料として使用できない(繊維to繊維にならない)ため、リサイクルシステムの構築が難しいことによる。 […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

【18大都市】
新潟市(今6月~)と仙台市(今10月~)が
古紙の分別収集と家庭ごみ有料化
プラ製容器包装は2年後に3市(千葉市・堺市・神戸市)で
分別収集がスタート

2008年3月3日 777号


新潟市が今6月から、仙台市が今10月から古紙の分別収集と家庭ごみ有料化をセットで実施する。18大都市(東京23区と17政令指定都市)の中で現在家庭ごみ有料化を実施している都市は、北九州市、福岡市、京都市の3市だが、いずれ […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル バックナンバー

コラム「虎視」 776号

コラム「虎視」

2008年2月25日 776号


▼古紙再生促進センター調べによると、昨年の古紙回収量は2,304万トン、回収率は73.6%だった。前年比では数量で21万トン、率で1.2ポイントの各増である。本紙は771号で回収増を25万トンと予測したが、予想よりもさら […]

[続きを読む]

カテゴリーカテゴリー:古紙ジャーナル コラム「虎視」

100 / 143«5099100101»

古紙問屋、製紙メーカー、商社、団体等の古紙関連のニュース、自治体、輸出実績、輸出価格、国内価格、海外事情、その他リサイクルのニュースを週刊でお届けします。
>>詳しくはこちら

  • 購読のお申込み
Top