2017年12月11日 古紙問屋 » 1258号

【新ヤード】
今年の新ヤードは13ヵ所、遅れも多数
半数超が関東地区、発生元との契約が動機

新ヤード一覧

 中国の環境規制の強化によって輸出市場の先行きが不透明ながらも、今年と来年以降で全国で21カ所の新ヤードが立ち上がる。国内の古紙需要は堅調で、段ボール古紙は増産に伴う発注増の要請がある。また印刷出版や小売業の構造変化で、発生元も移ろいがある。こうした機会を捉え、新ヤードの開設に踏み切るケースが目立つ。  今年、新たにベーラー設備を導入した古紙ヤードは全国で13カ所を数えた(スクラップ&ビルドを含...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top