2018年9月24日 古紙問屋 1296号

【こんの】
飲食など多角化に挑戦、人材教育にも投資手厚く
異色か?未来の標準形か?目指すは感動経営

福島駅で女性社員がはっぴを着て、セミナー講師の瀬戸川礼子さんをお迎え。同社によるおもてなしのひとつだ

 古紙問屋業に留まらず、飲食店などの多角経営に乗り出し、人材育成への惜しみない投資を重ねるーー。福島の㈱こんの(紺野道昭代表取締役、本社:福島市陣場町2―20)のユニークな経営スタイルが注目されている。こうした姿は、古紙市場がシュリンクする中で異色といえるのか、それとも未来の標準形となっていくのか?同社は、売上高や古紙の扱い量でははかれない、社員の幸せを追求し、感動を生む企業を目指す。新入社員の定...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2018年12月10日 古紙問屋 » 1307号
2018年12月10日 古紙需給 » 1307号
2018年12月10日 古紙価格 »  1307号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top