2019年7月22日 古紙価格 » 1337号

【輸出市況】
底打ち、1.5円上昇
ライセンス発行を受けて

中国の輸入古紙と国内古紙の価格推移(※出典:RISI、本紙調べ。国内OCCは18地区平均をドル価に換算)

 小幅であるが、7月に入って輸出市況が反転してきた。上昇幅はキロあたり1.5円ほど。問屋店頭価格で、中国向けのOCCが8〜9.5円、ONP(新聞古紙)の中国向けが9.5円、韓国向けが10.5円、#10の中国向けが10〜11円、MIXの東南アジア向け8~9.5円を付けている。  背景にあるのは、①中国が輸入ライセンスを発行、②米国の古紙市場にタイト感が戻ってきたことがある。  ①中国が第10弾の...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top