【レックス】
製紙メーカーで唯一、グループ会社でRPF製造
3拠点で4500トン供給、来年3月にはS&B

製紙業界のバイオマス燃料の消費推移

 製紙メーカーは脱プラの流れを商機として取り込めるのか?一つは紙袋などパッケージの代替需要が増える紙化の可能性である。もう一つは、廃プラの国内処理を推進するにはサーマルリサイクル(熱回収)が欠かせない。特に廃プラを固形燃料にしたRPFは、製紙が需要の約7割を占めてきた。海外の輸入規制やサーマルの是非も渦巻く中、製紙メーカーは廃プラのサーマルリサイクル需要の好機を捉えることができるのか。今回、製紙メ...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top