【2020年問題】
中国の紙・板紙生産が大幅減、成長ストップ
古紙の輸入減で、さらに原料不足が深刻化

中国の品種別にみた生産動向

 2020年末をもって中国の古紙輸入量がゼロとなる「2020年問題」。残された猶予はあと2年となった。しかし、輸入ゼロの可能性について、深刻な原料不足に陥ることや、古紙は廃棄物ではないとの認識から懐疑的な見方もある。2018年の古紙輸入量は1000万トン程減り、中国の紙・板紙生産量も前年より7.5%減とみられ、製紙産業に変調も現れてきた。中国における原料需給の行方を検証してみたい。  2000年...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2019年3月18日 関連業界 » 1320号
2019年3月18日 インタビュー » 1320号
2019年3月18日 古紙価格 » 1320号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top