2005年6月6日 古紙ジャーナル記事 642号

【容リ協会】
1年前倒しで落札価格を都道府県別に公表
ペットボトルは暴落、プラスチックは高値安定

指定法人(日本容器包装リサイクル協会)は再商品化事業者の落札単価を平成18年度から公表する予定だったが、①昨年来、容器リサイクル法の見直し作業にかかっている②関係筋の要望が強いーことから1年前倒しで公表を始めた。この結果、落札価格は都道府県別にホームページ上で公表されているが、ペットボトルが暴落したのに対し、プラスチック製容器包装は高値安定(市場原理が働かず)し、好対照をみせた。 特定事業者...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top