2006年3月13日 古紙ジャーナル記事 680号

【バイオマスボイラー】
製紙産業の稼働台数は24基に
木屑、RPFなどの使用量は360万トン
04年秋に稼働のボイラー(兵庫パルプ工業)を見学

平成16年秋に完成した4号バイオマスボイラー 燃料は木屑が主体

日本製紙グループの4工場に続いて、王子製紙・富岡工場が国内で最大規模(蒸気発生量300トン/時)のバイオマスボイラーの新設を決定した。完成は2008年秋の予定。本紙の調査によると、2004年から2008年にかけて製紙工場に設置される(すでに設置され、稼働しているものを含む)バイオマスボイラーは24基にのぼることが判明した。 これらのボイラーに使用される燃料は重油に代わって木屑、RPF(固形燃...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top