【平成30年間の紙・板紙市場を振り返る】
2度の生産ピークを経て、30年前に逆戻り
洋紙・板紙・家庭紙で史上初の同時値上げ実現?!

日本の紙板紙生産量の推移

 今年4月末をもって平成に幕を閉じ、新たな元号がスタートする。平成の30年間を紙・板紙の生産量の推移から振り返ってみたい。生産量は二度のピークの山があったものの、30年前にほぼ逆戻り。前半は緩やかに成長し、リーマン・ショックで一挙に市場が縮小する流れであった。その間に製紙メーカー各社の合従連衡が進み、グローバル化も加速した。紙と板紙で明暗が分かれる中、さらなる合併の動きやマシンの廃棄.転抄が増えて...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2019年1月14日 インタビュー » 1311号
2019年1月14日 古紙問屋 » 1311号
2019年1月14日 古紙問屋 1311号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top