2017年11月20日 古紙価格 »  1255号

【古紙の内外価格差】
輸出価格が反発強めるも
国内メーカーは様子見

古紙の国内価格・輸出価格の推移

輸出と国内が再逆転  11月の日本の国内製紙メーカーの古紙調達価格は10月に比べて横ばいとなった。輸出が再び上昇し、国内価格を上回ってきたものの、様子見の姿勢を貫いた。段ボール古紙の国内実勢価格(問屋店頭価格・キロあたり)は、関東地区の中心値で18~20円。ちなみに、建値ベースでは7月より王子HDや日本製紙が3円上げ、レンゴーが建値撤廃を表明、他メーカーは方針を未表明となっている。  国内メー...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

こんな記事も読まれています

新着記事

記事一覧 »
2019年2月11日 古紙需給 » 1315号
2019年2月11日 古紙需給 » 1315号

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

 古紙ヤードマップ申込

Top