2020年9月7日 海外動向 » 1392号

【MRF】
簡易で合理的な混載収集+MRF選別
販売先と市況によって継続性が揺らぐ

米国のMRF施設

 世界的にはシングルストリーム+MRFによる資源物の選別工程が圧倒的に多い。簡易性や合理性に加えて、米国のような国土が広い国では、混載収集の方がコスト的に理にかなっているからである。しかし中国の環境規制によってどこに向かうのか。各国の事例を紹介する。  欧米を訪れると、家の玄関前にごみ・資源物・有害ごみといった分別方式でごみカートが置かれている。これを廃棄物収集運搬業者が週1~2回、専用車両...

この記事は有料サービスをご契約の方がご覧になれます。
契約されている方は、下記からログインを、
契約されていない方は無料トライアルをご利用ください。

KJ member ログイン

最新ニュース » News Flash

週間アクセスランキング

オピニオン »

発行物

古紙ヤードマップ申込

Top